ケガの回復効果

酸素カプセルには疲労回復をはじめとして、さまざまな効果があります。
その一つにけがの回復効果があります。

 

サッカー選手であるベッカム選手がワールドカップ直前に骨折して、
驚異的な回復を見せたことを覚えている人も多いでしょう。

 

この時に治療に利用されたのが、高気圧酸素療法と呼ばれるもので、
酸素カプセルにはけがの回復を早める効果があります。
酸素カプセルの効果には、
ケガの回復には同じような効果があるといわれています。
というのも、筋肉や靭帯の損傷や骨折などで傷ついた細胞を再生するには、
多くの酸素を必要とするからです。

 

身体の中に流れる酸素には、
赤血球の中のヘモグロビンと結びついて運ばれていく結合型酸素と、
ヘモグロビンとは結びつかずに血管を運ばれていく溶解型酸素があります。
ケガをした患部の細胞は、毛細血管が断裂していたり、
細胞が圧迫されていたりして、酸素が行き渡りにくい状態となっています。
身体のすみずみまで酸素を届けるには、
溶解型酸素が必要なのですが、
酸素カプセルに入ると、この溶解型酸素の量を増やす効果があり、
ケガの回復に効果があるといわれているのです。

 

また、この溶解型酸素は、ケガをした人にだけ必要なものではありません。
結合型酸素では届きにくい手足の末端にまで届く溶解型酸素は、
手足の末端の細胞の活動も活発にし、血行を促進します。
血行がよくなることで、手足の冷えが改善されることはもちろん、
血行が悪いことで引き起こされる諸症状、
肩こりや腰痛の緩和にも効果が期待できるのです。

 

また、血行がよくなることで、
寝付き、寝起きがよくなったという人もいます。
酸素カプセルにはこのような効果もあります。